インテリアとは

インテリア(interior)というのは、室内装飾品という意味を持っています。
室内の装飾やそれらに付随している照明や装飾家具のことを言います。
広い意味のインテリアとは室内を装飾する品物全般を指すのですが、狭い意味としてはその中にある装飾性に特化されたものだけを指すのです。
また、インテリアは装飾品、什器そのものより、それによって飾られた空間という概念が強いです。
上記のとおり、インテリアとは室内装飾品のことですが、室内を装飾するものがほとんどです。
具体例をあげると、内装材(カーテン、カーペット、壁紙、床材など)があり、そのほか窓、ブラインド、ロールカーテン、カーテンレール、家具や照明器具、ドア、間仕切りなどが含まれています。
和室でいえば、和室の襖や畳表、障子、欄間などが当てはまります。
基準は曖昧ですが、家電やOA機器といった電化製品なども広い意味ではインテリアに含まれることになりますが、一般的にこれらはインテリア業界ではインテリアとして含まないことが多いです。
それは、これらが装飾性より機能性、実用性を重視するアイテムだからです。
その一方で、機能性と相俟って装飾性も重要視されるシステムキッチンなどはインテリアに含めることが多いのです。
ひとつの基準ともなっているのは購買層であり、システムキッチンは前述のインテリア商品群と性質が似ているからであります。
反対に、屋外の装飾はエクステリアといますが、インテリアほど装飾性が重要視されておらず、機能性、また娯楽性を訴求した商品が多く見られるのが特徴です。
インテリアの問題として、健康面の問題が挙げられます。
インテリアは、生活に直接結びつくため、まずとり上げられるのは健康面での問題です。
特に壁紙とカーペットであり、壁紙はシックハウス症候群や化学物質過敏症の原因物質を含むとして、カーペットはアレルゲンとなるダニの温床であるとして問題が指摘されています。